WBC2017の捕手メンバーの残り1枠は誰になる?

2017年3月に開催されるWBCの日本代表の捕手の残り一枠について誰になるのかお伝えします。
MENU

WBC2017の捕手メンバーの残り1枠は誰になる?

 

 

2017WBCの捕手は一部メンバーで発表された日本ハムファイターズの大野奨太と楽天イーグルスの嶋基宏を軸として起用していくのだと予想されます。

 

 

 

残りの追加メンバーでおそらくもう1人捕手が追加になるでしょう。そこで誰が残りの1枠になるのか考えてみあす。結論から言うと強化試合で選出されていた、巨人の小林誠司が最有力候補でしょう。球界ナンバーワンと呼び声の高い矢のような強肩が持ち味です。

 

 

 

ただ、強化試合では守備面での能力については解説の古田敦也も言ってたように及第点なので今回一部メンバーに漏れる格好になったのだと思います。そうは言っても強肩は魅力的なので、選ばれる可能性は高いと思います。

 

 

 

2017WBCの捕手の他の候補は?

 

 

他に選出の可能性があるであろう選手をあげてみました。

 

 

千葉ロッテ 田村

 

西武ライオンズ 炭谷、森

 

オリックス 伊藤

 

広島カープ 会沢

 

ヤクルト 中村

 

横浜DeNA 戸柱

 

阪神タイガース 原口

 

 

 

●千葉ロッテ田村

 

 

2016シーズンはベストナインや、石川との最優秀バッテリーをとるなど飛躍したシーズンでもありました。特徴としては、ずば抜けたものはないですが守備力、打撃力ともに総合力の高い選手です。

 

 

 

中学、高校と阪神タイガースの北條とチームの中心選手として活躍してきました。どんな場面でも物怖じしない選手という印象です。また人なつっこいキャラクターなので、可愛がられるタイプです。侍ジャパンに選出されればチームの盛り上げ役の役割も任されるかもしれません。

 

 

 

●西武ライオンズ 炭谷、森

 

 

炭谷は正確性のあるスローイングとキャッチングを含めた守備力に定評がある選手です。炭谷がマスクをかぶっているだけで西武ライオンズの投手陣は安心感があるでしょう。ワンバウンドのボールをしっかり止められるので、落ちる球などを投手は思いっきり投げることができるでしょう。

 

 

 

また、2016シーズンの盗塁阻止率はパリーグ1位でした。盗塁阻止には肩の強さ以外にも投手のクイックなど他の要素もあるので、走者が走ってくるであろうタイミングの時に直球を要求するなど細かなことも求められます。

 

 

 

2013WBCに選出されていたということもあるので、2017WBCに選出される可能性はなくはないと思います。しかし、打撃が課題であるため物足りない印象はありますね。森は豪快な打撃が持ち味である一方、守備面での不安があるため捕手としての選出は難しいでしょう。

 

 

 

●オリックス 伊藤

 

 

シュアな打撃と堅実な守備が魅力です。これといった特徴はありませんが、全体的に能力の高い選手です。サブとしての選出の可能性はあるかもしれません。2016シーズンはあまり出場していないというところで、アピール不足は否めません。

 

 

 

●広島カープ 会沢

 

パンチ力のある打撃が持ち味です。守備もそこまで下手という印象はありません。実績が乏しいので、選出は厳しいと予想されます。

 

 

 

●ヤクルト 中村

 

特徴がないのが特徴という選手でしょうか。リード面などのインサイドワークが得意なので、控えの捕手にはぴったりの存在です。

 

 

 

●横浜DeNA 戸柱

 

 

ルーキーとして活躍しました。打てる捕手です。守備面も悪くありませんし、長打力のある選手なので魅力を感じます。実績が乏しいので次大会以降の召集に期待されます。

 

 

 

●阪神タイガース原口

 

 

育成から這い上がったシンデレラボーイです。長打力が持ち味ですが、送球に難があります。打てるキャッチャーというのは守備が出来る前提の話なのでこれからに期待です。

 

 

 

これらを踏まえると、巨人の小林が選出される可能性が高いでしょう。強化試合でも選出されていたので。日本のキャッチャーは昔と比べると見劣り選手が多い印象です。

 

 

 

しかし野球は全員で行うものなので、全員野球で勝利を掴んでほしいです。

このページの先頭へ